Message

園長より

教育理念によせて

子どもたちのために聖ドミニコ女子修道会が北仙台に幼稚園を創立してから60余年。常に「正しい事を知り、愛と誠をもって実践する」という建学の精神のもと「あかるく・つよく・ただしく」をモットーに今日まで幼児教育を行ってきました。

いつの時代も、子どもたちが集う所には元気な声と明るい笑顔、そして生きる力が満ち溢れています。

現代社会が便利さを追求していく中で失われつつある大切なものに気づかされた2011年3月11日の東日本大震災・その後毎年のように各地で起こる自然災害。そして、2019年末から世界中を襲った新型コロナ感染症・それまであたり前であった生活から私たちは自粛生活を送らざるを得なくなりました。いまさらながら自由のありがたさを知り「互いに愛すること・人との絆」と共に、社会の中で生きるためには、個人の自立はもちろんのことコミュニケーション能力や困難を乗り越える力が必要だという事も再認識させられました。その基礎となる様々な出会いや経験の場は、幼稚園にあると言っても過言ではないでしょう。

伝統に支えられ、開園以来幼稚園で大切にしてきた『真理』を、これからも大切に次代に伝え、人や自然を愛し・愛される人を育てて行きたいと思っています。

聖ドミニコ学院北仙台幼稚園

園長齋藤 潤子